〒890-005 鹿児島市荒4田1丁目16-7 イイテラス303
099-202-0814
info@shiga-archi.com

志賀建築設計室の設計料に関する考え方

鹿児島と福岡を拠点に活動する一級建築士、志賀隆行の設計事務所です。企画、設計、リフォーム、補助金申請等々、建築に関することはなんでもお気軽にご相談ください。

弊社を建築プロジェクトのパートナーとして選んで頂き、どうも有難うございます。

弊社では設計料の考え方を、下記のように考えております。

1.設計着手時および基本設計完了時

銀行融資交渉のための図面作成業務を基本設計とし、契約書を交わして業務を行う。


設計着手金15万+税、基本設計完了時15万+税(TOTAL30万+税)

2.実施設計着手時および確認申請手続きを経て、確認済証が下りた時

本格的に実施設計に入る際、設計監理契約書を交わして業務を行う。


新築)m2×13,000円+税のうち、設計料は×0.7

着手時設計料の10%、確認済証が下りた時設計料の90%

改修)m2×10,000円+税のうち、設計料は×0.7

着手時設計料の10%、実施設計が完了した時設計料の90%

3.工事着手時および上棟時(中間の時期)、完了検査手続きを経て検査済証が下りた時(工事完了時)

2で交わした設計監理契約書の工事監理の業務。


新築)m2×13,000円+税のうち、監理料は×0.3

工事着手時監理料の10%、上棟時監理料の40%、確認済証が下りた時監理料の50%

改修)m2×10,000円+税のうち、監理料は×0.3

工事着手時監理料の10%、中間の時期監理料の40%、工事完了時監理料の50%



上記の通り、基本設計と実施設計(工事監理)の契約を分けて業務を進めたいと考えております。