works_single

民家を福祉施設へ

がんばろ家

2014年

普通の一軒家の住宅(民家)を小規模多機能ホーム(老人福祉施設)にリノベーションした事例です。

主に1階部分を改修して、居室数を確保するために一部増築しています。住宅の場合、壁が多く共有部分が手狭になってしまうのですが、必要な耐力壁を筋交い(斜め材)という構造上有効な部分だけ残しあとは取り去って、広い空間を確保しています。閑静な住宅街に立地しているため、近所のお年寄りが、風呂や食事などのデイサービスを利用したり、短期間のショートステイを利用したりしています。

こうした簡易な老人福祉施設は、身近な利用しやすい施設として、今後増えていくと考えられます。

がんばろ家
鹿児島県霧島市隼人町松永3135-2
0995-73-8900

  • の画像
  • の画像
  • の画像
  • の画像
  • の画像
  • の画像
  • の画像
Category:Works Tag:施設

その他の実績を見る