Blog detail

2013.11.29

P1130267@

住宅の寿命はローンの借り入れ等、金融機関の返済計画では

木造で35年といわれています。

人間の寿命を80年と考えて、人より建物の方が

寿命が半分以下の短さということになります。

 

これは常々おかしいなと思っていて、

住まい方が変わる毎に、適度なリフォームを入れることで

もっと長持ちするはずです。

例えば、住宅を老人ホームに用途変更する方法もあります。

 

建物を作る側の人間として、新築もいいのですが、

リフォームで(増築だけでなく減築もあり)建物の

寿命を延ばすことは、いいことだと思いますし、

既存図面を見ながら、ああでもないこうでもないと

考えるのが結構好きです。


Category: Blog